ご予約・お問い合わせ
ヤマシタオート
0548-29-0230 0548-29-0230

高齢・障がいの方を介助する

福祉車両にはシートが回転したり、車いすで乗車出来たりするものがあります。

しかし、ただシートが回転すればいい、車いすが入ればいい、というものではありません。

選び方や使い方を間違えると不便になるだけでなく、事故や故障の原因になってしまうこともあります。

私達福祉車両の専門家が賢い選び方をアドバイスいたします。

 

症状別オススメ車輌

 

・乗り込むのがつらくなってきた

回転(昇降)シート車

膝などの間接に痛みがあるなど、足腰に負担を感じており、一人で車に乗り込むことが難しくなってきた方向けです。

  • 乗り心地は、普通の車のシートと同等
  • リハビリの観点からも乗り降りの負荷が良い

シートが回転

シートが回転昇降

ご注意

右半身麻痺の方は乗車時に開き戸が邪魔になることがあります。また、大柄な方や足が曲がりにくい方は助手席に座ることが困難になる場合があります。

これらの方には2列目回転シートをお勧めします。 

 

・日常的に車いすを使っている

車いす仕様車

車いすでの移動を余儀なくされているなど、座席への移動が非常に困難な場合にのみ、車いす仕様車をおすすめします。

乗り降りには便利ですが、乗り心地は良いものではありません。可能な限り通常のシートにご乗車ください。

車いすリフト

車いすスロープ

ご注意

車いす仕様車は2列目や3列目シートを折りたたんで使う車と、最初から取り外している車があります。それにより乗車定員が変わり、減免税の対象かどうかも変わることがあります。

購入の前に普段の使う方を含め、一度ご相談ください。


※これらの他にも乗降をサポートする手すりやステップ(階段)、車いすを収納するための吊り上げリフトなど様々な装置がご用意できます。

車の絞り込みから、デモによる使い勝手の確認、補助金の申請、税金免除の手続きなど、私たち福祉車両のプロに何でもご相談ください。

 

福祉車両の入手方法

ほしい車に福祉車両の設定がある場合や、すぐに福祉車両が必要な方は福祉車両の購入をお勧めします。

こだわりの車・愛着のある車に取り付けたい場合や、欲しい車に福祉車両の設定がない場合は改造をお勧めします。