セレナ ブレーキ交換

セレナのお客様

車を運転中にブレーキを踏むと「ゴォー」という音がでるとのことでご来店いただきました。

タイヤを外して点検すると、やはりブレーキが減ってました。急いで新しいものと交換しま

す。

このような症状の主な原因はブレーキパッドとブレーキローターの摩擦による振動が音となっ

て伝わるのが原因です。大抵のブレーキパッドにはパッドウェアインジケーターという摩耗セ

ンサーがついており、使用限界が近づくとあえて音を出して知らせる仕組みになっています。

もしも交換せず、少ない状態のまま使用していると最悪ブレーキローターも摩耗してしまい、

高額の修理費用がかかってしまう場合があります。

一方で、ブレーキパッドが減っていないのに音がでることもあります。その場合はブレーキ

パッドの面取りやグリスアップをすることで改善される場合がほとんどです。

いずれにせよ、ブレーキは命に関わるとても大切な場所です。異音や異変を感じたらすぐに点

検をおすすめ致します。当社では、ご来店ただいてすぐに点検いたします。残量や異音が気に

なるお客様はお気軽にご来店くださいませ。

#山下オート
#ふくしる牧之原
#日本福祉車両協会 日本福祉車輌販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加