ご予約・お問い合わせ
ヤマシタオート
0548-29-0230 0548-29-0230

福祉車両の正しい使い方、プロがお伝えします。

日本福祉車輌協会認定 福祉車輌取扱士

福祉介護施設の皆さまにおかれましては、日々の業務の中で割合多くの時間を送迎業務に使っています。

体力的な衰えのある高齢者の乗車した送迎車事故は重大事故になる事も多くあり、担当する施設職員の負担も大きくなります。

送迎中の事故は年々増加傾向にあり、ひとたび事故が起こると、ご利用者様やご家族のケアはもちろんですが、運転者や施設の送迎スタッフの方のケアも重要となります。

しかしながら福祉車輌の送迎に特化した講習は少なく、教育が不十分で正しい知識のないまま、施設での我流やスタッフの自分流での送迎が日常的となっているところに事故の温床があると考えられます。

  • 車いす利用者の方への正しいシートベルトの掛け方はあっていますか?
  • 車いすの固定がゆるくなった場合はどう対処しますか?
  • リフトが動かなくなった時の対処法は?
  • 福祉車輌の正しいメンテナンスとは?
  • 車両の擦り傷をなくす方法は?
  • 事故が起こった時の対処方法は? 

福祉車輌の送迎は自動車運転の延長線上ではなく、「運転の知識と技術」はもちろんのこと、「介護の知識と技術」そして「架装装置操作の知識と技術」を必要とします。

事故を未然に防ぎ、ご利用者様を守り、送迎担当者を守る為には、送迎業務に対する正しい知識を身に付けることが第1歩となります。当社では福祉介護施設のお客様に対して、定期的に福祉車両に特化した安全運転講習会を実施しております。また個人のお客様には個別にご説明いたします。詳しくお聞きになりたい方は当店までお問い合わせください。

 

リフトが動かない

リモコンスイッチ根元の断線が考えられます。

リフト昇降時にリモコンスイッチを引っ張ったりひねったりしていませんか?コード内部の配線が切れているためスイッチ信号を送れずにリフトが動かない可能性があります。

 

人が乗っているときに限り、リフトが動かない

ガイドローラーが割れていることが考えられます。

リフトに2人同時に乗っていませんか?リフトは一人乗りですので、2人の重さに耐えられません。車いすが乗るプラットホームは、機械内部で4つのガイドローラーによって支えられています。このガイドローラーはプラスチック製なので、荷重に耐えられなくなると割れてしまいます。経年劣化によっても割れる場合があります。ローラーが割れてプラットホームがスライドできず止まってしまう場合があります。

 

車いす固定装置 ロックしない 又は ロック解除できない

ロック解除センサーが壊れている可能性があります。

ロック解除センサーは物理センサーなので、経年により壊れてしまうことがあります。もしロックした状態で動かなくなってしまったら、緊急回避方法によりロックを外してください。方法がわからない場合は急いで当社までご連絡ください。

 

リフトがガタつく

油圧シリンダーの作動油が汚れている可能性があります。

ハイエースリフト車では、リフトの昇降を油圧シリンダーで行っています。油圧シリンダーは昇降を続けるとゴミやほこりがシリンダー内に侵入して作動油が汚れてしまいます。汚れた作動油が機械内で目詰まりを起こしてリフトががたつくことが考えられます。油圧シリンダーの作動油は定期的に交換していますか?エンジンオイルを定期的に交換するのと同様に、作動油の定期交換も必要です。リフトの故障を未然に防ぐためにも、年1回の作動油交換を推奨しております。

 

スロープ、リフトの即日修理できます!

山下オートは日本福祉車両協会会員として、福祉車両に関するさまざまな研修・講習などを経験しておりますので、迅速でご安心いただけるサービスを提供できます。福祉車両の故障の際にも当社の整備工場で修理をさせて頂きます。

 

車いすスロープ、リフトのメンテナンス

メンテナンス

福祉車両は通常の車の点検やメンテナンスだけでなく、リフト・車椅子固定装置・ステップの福祉車両特有の架装部分のメンテナンスを行う事が重要です。

福祉車両を安全に運行いただくために年1回のメンテナンスをおすすめ致します。

 

点検・調整項目の例

  • リフト、スロープの調整
  • 車いす固定装置の調整
  • ステップの調整
  • 社内架装部点検